たかが野球、されど野球

- BLOG -

 大谷翔平君が右肘手術を決断 (*^^)v


2018/10/01更新

やはり決めましたねえ (^o^)  拍手です!(^^)!

まさに、桑田真澄氏が言ったとおりになりました。桑田氏に相談でもしたんでしょうか?

よく「いい決断」をしたと思います (^o^)  応援しましょう‼

 

それにしても、同じようにケガで悩んでいる、または泣く泣く辞めた人も多く見てきましたが、

特にも一般の野球人・投手が肩や肘を壊してしまうケースはよくあります (T_T)

特に高校でピッチャーをやった選手が、社会人になって硬式や軟式をやって肩ひじを壊す (>人<)‼

高校の時と練習量が違い走り込みも少ないと、下半身が弱くなり、結局フォームが崩れて

肩ひじに余計な負担がかかることが一つの要因だとは思いますが、

 

桑田氏や手術をした選手の話を聞くと、やはり残念ながら「消耗品」なのだと実感します。

かといって、手術できる環境にいる選手は少なく、諦めてしまうというのが現実だと思います (〃w〃)

 

まずは、1.子供の時から高校生まで「投球制限」が必要‼

そして、2.「トミー・ジョン手術」のような手術がもっと一般的になること。

さらには、3.9人の内、投手一人だけが運動量(負担)の多いシステム(ゲーム)の見直し

が必要‼

 

その 3.の「システムの見直し」については私なりのアイデアがあります。・・・またの機会に (^^)/~~~

 

<<戻る