たかが野球、されど野球

- BLOG -

 「やきゅう」をはじめたのは小学校から


2018/09/12更新

私が子供の頃はスポ少もなく、遊びイコール「やきゅう」だったので、なんと(O_O) 棒切れ一本とゴムボール(軟式テニスボール)でやったもんです(^_^)。

だから「野球」ではなく「やきゅう」でした^_^

 

野球の試合は年に一度の市内小学校対抗だけだったので、初めてグラブを買ってもらったのは小学校4年の時でした。

当時珍しい黒のグラブで得意げにしてましたねえ(^。^)

 

今思うと、素手でやきゅうをしていたのが良かったのかも知れません。両手でないと捕れませんからね。

 

実際、現代でもドミニカ共和国の貧しい子供たちは、石にボロ布を巻いたボールに木の枝のバット、ダンボールに指を通す穴を二つ空けただけのグラブで野球を楽しんでいるそうです (@_@) お金をかけなくても「やきゅう」は出来るんです‼ (^o^) 原点に戻ってみましょうか?何か発見があるかもしれません。

<<戻る